ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
しろいライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろいライオン

作: あまん きみこ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥796 +税

「しろいライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

怖い思いをしたのは、お兄ちゃんだけ?

お兄ちゃんは、ちょっと驚かせたかっただけなのにね。

妹のマスミちゃんが、折り紙でうさぎを折っている横で、
お兄ちゃんは、ライオンの顔を折りました。
その顔に、人差し指と親指を入れて、
ライオンの口をパクパク動かしながら、
ふざけた声でうなってみました。

すると、ライオンの折り紙は、本物のライオンになり、
たたみが消えて、緑の野原に変わったのです。

うさぎはてんでばらばらに逃げ、マスミちゃんも、
「たべないでよう」と言いながら、
泣き泣きライオンを追いかけいってしまいます。

後に残ったお兄ちゃんは、林の中を、妹を探してかけまわります。
でも、どこにもいない・・・

とっても怖い思いをしたお兄ちゃんでした。

屈託のないマスミちゃんがとってもかわいいです。

季節は夏。夏の暑い日に、読んでみては。

あまんきみこさんの幼年童話です。
読んでもらう絵本から、自分で読む本の最初の本として・・・
不思議大好きっ子におすすめします。
(多夢さん 40代・ママ 女の子11歳、)

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ / なかないで なかないで



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

しろいライオン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット