しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ボンジュール、サティおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボンジュール、サティおじさん

作・絵: トミー・デ・パオラ
訳: 鈴木 晶
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボンジュール、サティおじさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

実在の人物達が登場する絵本

トミー・デ・パオラの作品は、いろんな目禅で攻めてくるので、なにを読んでも、結構面白いです。

「サティおじさん」の旅の回想に登場するのは、“ピカソ”と“マティス”ですし、サティおじさんのパリに住むアメリカ人の友人“ガートルード”は、ヘミングウェイの師匠にあたるアメリカの作家だそうです。

絵本の中にはピカソやマティスの絵のも、わざと真似て描いてあって、面白いです。
ページをめくると、まずサティおじさんから姪と甥の子どもたちへのハガキが描いてあります。
それから中表紙に汽車と電車と車が書かれていて、サティおじさんがこれだけ旅行しているんだ。という時間の流れが見えます。

お話そのものも面白いですが、どちらかというと、絵で見せてくれる作家だと思うので、大勢の場所での読み聞かせで使うより、個人的や少人数でゆっくりページをめくる方が、いいかもしれません。
1人読みなら小学校4年生以上の方がいいかな〜。
(できればピカソやマティスの名前が普通に分かるくらいの年齢の方が、ずっと楽しめると思います)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

トミー・デ・パオラさんのその他の作品

さあ、しゃしんをとりますよ / おいっちにおいっちに / しかけ絵本 まほうつかいのノナばあさん / トム / ジェイミー・オルークとなぞのプーカ / ジェイミー・オルークとおばけイモ

鈴木 晶さんのその他の作品

バレエへの招待 / 小さな反逆者 / しらゆきべにばら / 12の月たち



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

ボンジュール、サティおじさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット