もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
おまたせクッキー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おまたせクッキー

  • 絵本
作・絵: パット・ハッチンス
訳: 乾 侑美子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784032024005

出版社からの紹介

お母さんの焼いたクッキーを食べようとすると、ピン・ポーン!玄関のベルが鳴るたびに友だちが増えていきます。

ベストレビュー

いつ、何枚クッキーが食べられるかな?

おやつに12枚のクッキーを食べようとしていた兄妹。「6枚ずつだね」と分けていると、玄関のベルが鳴り、2人友達がやってきました。4人で3枚ずつに分け、食べようとすると、またベルが鳴り、次々に友達が増えていって・・・。

小学2年生の子供は、「食べる人が4人だから、え〜っと、3枚ずつだね」などと、計算しながら聞いていました。あと、兄妹、友達合わせて12人が集まり、クッキーを1枚ずつ分けて食べようとした、そのときにまた玄関のベルが鳴り、みんなに緊張が走る場面では、子供も「どうなるのかなぁ? クッキーを半分に割るのかな?」とドキドキしていたようです。(さて、ベルを鳴らしたのは誰でしょう?? それは、読んでのお楽しみ♪)

計算のできない小さい子供には少し難しいのかもしれませんが、小学生の低学年程度の計算力で、十分楽しめます。(というか、ちょっと掛け算を習い始めた・・ぐらいの学力の子供が一番楽しめるのでは??) 実生活でも十分あり得そうなこの話に、大人の私もとても楽しめました。
(かくれくまのみちゃんさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子1歳)

おすすめレビュー

大好きな絵本です

お母さんが12枚クッキーを焼いてくれました。2人で分けるはずが、友達が来て4人、6人、12人と増えていってしまいます。 割り算のお勉強と言えばそうなんですが、子供は全然分かっていません。気にしません。…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パット・ハッチンスさんのその他の作品

へっちゃらトーマス / まんげつダンス! / がたごと ばん たん / かえりみちを わすれないで / ヒギンスさんととけい / ピクニックにいこう!

乾 侑美子さんのその他の作品

ストラヴァガンザ 星の都 上 / ストラヴァガンザ 星の都 下 / にんじんケーキ 改訂版 / 聖人と悪魔 / はだかの王さま / 伝記 世界の作曲家(12) ジョン・レノンー永遠に語り継がれるスーパースター



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

おまたせクッキー

みんなの声(77人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット