もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
つきのよるに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つきのよるに

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784265034994

出版社からの紹介

月の夜にぼくは生まれた。何度も何度も転んでは立ちあがった。おかあさんの後についていっぱいまねっこもした。厳しい自然の中での子育てに、親子のつながりを静かに描く。

ベストレビュー

自然でいる動物と、自然でない私たち

自然界では当たり前の子どもの成長が、いもとさんがやさしく微笑ましく描いている子どもの成長が、どうして心に突き刺さるのでしょう。
産まれて間もなく懸命に立ち上がろうとするカモシカ。
親の力を借りずに自分で立ち上がったカモシカ。
ご褒美はお母さんのおっぱい。
お母さんはやさしく、いろいろなことを子どもに教えます。
自分が育ってきたように、生きることを伝えます。
子どもはお母さんを頼りながら、自分を鍛えます。

でも、あるとき突き放されるのです。
このシーンを、いもとさんは言葉の色を変えて強調します。
突き飛ばされた子どものカモシカ。
やがて子どもはその意味を理解し、ひとり立ちしていきます。

自然界で当たり前のことなのです。
でも、ここに当たり前ではない自分がいました。
子どもを突き飛ばす、親としての強さを私は持っていません
親の思いをこどもが理解してくれるという、自信も持っていません。
ただ、子どもの自立に不安なちっぽけな親がいるだけ。
身体で子どもに伝えたことの達成感。
子どもがそれに応えてくれるという安心感。
どうしたら得られるのでしょうか。

この絵本。
子どもに向けた読書でしょうか。
大人向けの教科書でしょうか。
絵がとても澄んでいるだけに、心にひびいてきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

いもと ようこさんのその他の作品

ピノキオ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ / おふろ / おにはそと!ふくはうち!



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

つきのよるに

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット