だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ラッキーどんぐり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラッキーどんぐり

  • 絵本
作・絵: 木戸 寛子
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

「ラッキーどんぐり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

春が楽しみな素敵な秋の絵本

すっかり涼しくなりました今日この頃ですが、先日絵本の図書館に桃華と行ってきました。そこで“ラッキーどんぐり”という絵本をみつけました。

その絵本を手にすると、りすや風景がとても素敵に描かれていて、桃華もりすのあたまに付いている白い花が気に入ったようでとても喜んでいました。最近オシャレが気になりだしているようです。

タイトル自体響きが明るい言葉で、この絵本に出会えたことが、なんだかとても幸運な気がしてきました。何度言っても明かるい言葉なので、2人で「ラッキーどんぐり!ラッキーどんぐり!どこにいる?」などといいながら、歩いていると不思議なことに、当たり前のように目にしているどんぐりに何故か2人で感動してしまいました。
桃華もラッキーくんみたいに遊んで、すりむいたりして大変でしたが、とてもはしゃいで楽しんでいました。
見つけたどんぐりは持って帰ってさっそく2人でラッキーくんみたいに植木鉢を宝箱にしてに植えました。当たり前にある木も大切に育てる気持ちを育んでくれたらいいなと感じます。

どこからかリスたちが遊びにきてくたら、そのまま絵本の世界になるようでした。。

子育てって大変だけど楽しいって思える瞬間(^−^)クリスマスには桃華にこの絵本“ラッキーどんぐり”を買ってあげようかな、と思います。
(ピーチママさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ラッキーどんぐり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット