すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
さがしています
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さがしています

  • 絵本
作: アーサー・ビナード
写真: 岡倉 禎志
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月20日
ISBN: 9784494007509

小学3・4年〜
B5判 26.6×19.1cm 32頁
*表紙写真:「鍵束」寄贈者・中村明夫(広島平和記念資料館所蔵)

この作品が含まれるテーマ

みどころ

広島県倉橋島で産する「議院石」という、火をくぐっても存在しうる石。
そんな独特な存在感を持った石に支えられるように、次々と登場するカタリベとしての「物」たち。
両方揃ったちょっと小さめの軍手、中のご飯は焦げてしまっている弁当箱、色鮮やかなワンピース、そして8時15分で止まったままの時計・・・。
彼らは語ります。ヒロシマで体験したあの日、あの瞬間のことを。そして今も探し続けている大切な人、持ち主たちのことを。

カタリベたちに出会い、じっと耳を傾け、それを言葉にしたのはアメリカ生まれの詩人アーサー・ビナード。平和記念資料館に収蔵されている展示物に幾度となく向き合い、その物たちにひそむ物語を通訳者として言葉で伝えたいと思ったというのが始まりなのだそう。
その直接のきっかけとなったのは、日本に来日してから「ピカドン」という言葉を知った時。原子爆弾という言葉と違って「ピカドン」は生活者たちが生み出した言葉。それが彼に新しい視点を与え、核の本質を見通すレンズになったといいます。ウランの核分裂が、暮らしを破壊しつくして、はかりしれない命を奪ったのです。確かに「ピカドン」はその実体験を端的に体感的に表わしている言葉なのかもしれません。

実際にこの作品に登場しているのは、資料館に収蔵されている約2万1千点の中から選んだ14点。
それぞれカタリベとなった物たちのプロフィールとして、巻末に持ち主やその家族の物語が収められています。いかに丁寧に取材をし、カタリベたちと向き合ってきたのかが伝わるページとなっています。

この写真絵本に登場するのは、そうした「物」たちだけです。
怖いことはありません。恐ろしい場面もありません。
静かにその日の事を語るだけです。ずっと一緒にいるはずだった持ち主たちを思っているだけです。
でも、確かに彼らはヒロシマを知っています。
そして、今の時代を生きる私たち日本人をじっとみつめているのです。
私たちは、そこから何を感じとらなくてはいけないのでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ヒロシマを知っているものたちが、さがしています―たいせつな人びとを、未来につづく道を。

広島平和記念資料館に収められた約2万1千点もの収蔵品。その中から時計、軍手、弁当箱など
今の私たちにとっても身近なものたちが、「カタリベ」となってヒロシマを語りはじめます。

ベストレビュー

子供に戦争を伝える初めての本として

広島の持ち主を亡くし、被曝したモノ達の声を通して、被曝の恐ろしさが描かれています。

8時15分で止まった時計
レイコちゃんのお弁当箱
マリコちゃんのカバン
トシヒコくんのビー玉

突然の悲劇・・・
途切れた未来・・・

目を覆いたくなるような写真を見せるには、まだちょっと早いけど、戦争の事を伝える初めて本として、私はおすすめしたいと思いました。

10歳の娘とは、この本をきっかけに戦争の事や原発の事などを話したりしました。
(ヨム姫ヨム太郎さん 40代・ママ 女の子10歳、男の子6歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

アーサー・ビナードさんのその他の作品

この本をかくして / ドームがたり / いちばんのなかよしさん / すばらしい みんな / えを かく かく かく / 雨ニモマケズ Rain Won’t



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

さがしています

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット