しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
さみしがりやのサンタさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さみしがりやのサンタさん

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 沢田としき
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784265069514

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもたちにプレゼントを届けて帰ってきたサンタさんは、ほろりと涙をこぼしました。なんとなくさみしかったのです、そこへドンドンと戸をたたく音がしました。

ベストレビュー

サンタさんの気持ち

楽しいイメージばかり先行するクリスマス。それとは裏腹に「さみしがりやのサンタさん」という切ないタイトルの絵本を見つけ、思わず手に取りました。しかも作者は内田麟太郎さん。余計に興味が湧きました。

子供たちにプレゼントを配り終え、帰宅したサンタさん。子供たちの喜ぶ顔を思い浮かべるとすごく嬉しいのに、なぜか涙が溢れてくる。そんなとき家を訪ねてきた謎の大男。その大男は、サンタさんの涙の理由をしっかりと分かっていたんですね。

どうしてサンタさんが泣いていたのか、寂しかったのか、しっかりと伝わります。サンタさんの気持ちを考えたことって、正直この絵本を読むまで一度もなかった自分が恥ずかしい。

4歳と2歳の子供たちにはどこまで伝わっているか分かりませんが、気に入っているのかよく「読んで」と持ってきます。きっと成長するにしたがって、クリスマスの経験も増えていくにしたがって、この絵本の伝えたいことも理解できてくるでしょう。
(環菜さん 20代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / イソップ物語 / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち

沢田 としきさんのその他の作品

しょうがつが くると / どうしてアフリカ?どうして図書館? / みさき / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

さみしがりやのサンタさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット