もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
新装版 おじいちゃんのまち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版 おじいちゃんのまち

  • 絵本
作・絵: 野村 たかあき
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「新装版 おじいちゃんのまち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784061323018

出版社からの紹介

おじいちゃん、どうして ぼくたちといっしょに くらさないの?
おじいちゃん、一緒に、暮らしたいのに!
ぼくが見たおじいちゃんの住む町の温もり。隣町で独り暮らすおじいちゃんを訪れたぼくは、いろいろな人に出会います。
第13回絵本にっぽん賞受賞。

ベストレビュー

ふつうのできごと

近所の本屋さんをのぞいたら
「おじいちゃんのまち」の新装版がでていました。
じぶんが好きな絵本が装い新たに本屋さんにならんで
それでうれしくなって感想をかくことにしました。
「ぼく」が「おじいちゃん」のすむ町をたずねて
おじちゃんといっしょに町をまわる。
要約すればそれだけの話ですが
「ふつうのできごと」を
「ふつうに」描いた絵本が少ないので心にしみます。
ナンセンスや奇抜なアイデア。
そういう絵本ももちろん賛成ですが
こんなふつうの絵本をもっともっと大切にしたいです。
木版画の町並みがすてきです。

(つくつくつくさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野村 たかあきさんのその他の作品

なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります / ないたあかおに



寝かしつけの魔法のテクニック

新装版 おじいちゃんのまち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット