もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
パパといっしょに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパといっしょに

  • 絵本
作: イ・サンクォン
絵: ハン ビョンホ
訳: おおたけ きよみ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「パパといっしょに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784901006842

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あたたかい秋の日、ソリちゃんはパパと一緒に山登りに出かけます。
「パパ、パパ、あっちになにかいる!」
「ああ、リスだ。チョロチョロはやいね」
「パパ、わたしもリスになる」
「それじゃあ、パパはともだちにあいにいく、くまだ」
パパと一緒に思う存分山遊びをするソリちゃん。
秋の恵みを満喫する親子の幸せをつづった絵日記のような絵本です。

ベストレビュー

なんてステキな山登り

ソリちゃんがパパと二人で山に登ります。首都ソウルに住みながら、気軽に山を楽しめるのには理由があり、風水を重んじるかの国の人々は幾重もの山に守られた環境のよい地に、首都を作ったためだそうです。私はソウルに行ったことがないので、この本から想像するだけなのですが、生活の場のすぐ近くに豊かな自然があるのは、同じ首都に住む人間として羨ましく思います。

ソリちゃんのことが羨ましいのは、身近に自然があるだけでなく、お父さんが実に遊び上手なことです。山登りの途中で次から次へと、遊びをソリちゃんに教えてくれます。いえいえ、お父さん自身が遊びを楽しんでいるのです。いろいろはっぱのちらしっこ、すすきのクサユミなどなど、私もやってみたいものばかりです。こんな親に育てられると、ソリちゃんも遊び上手で豊かな感性の人になるでしょうね。親としての我を反省しなくては。

最後の見開き2ページ、山の頂上のソリちゃん親子を囲む自然と人工物の対比が圧巻です。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イ・サンクォンさんのその他の作品

うしとトッケビ

ハン ビョンホさんのその他の作品

あかちゃんが ぴたっ / パンチョギ / ヘチとかいぶつ / トッケビのこんぼう

おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 景福宮 朝鮮王朝の王宮 / 韓国のお正月



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

パパといっしょに

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット