十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
たんぽぽのたねとんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たんぽぽのたねとんだ

作: すずき ゆりいか
絵: ごんもりなつこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥354 +税

「たんぽぽのたねとんだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

親子の会話に役立つ絵本

1993年の作品。
ストーリー自体はとてもシンプルで、たんぽぽの花が綿毛になって、それがまた、たんぽぽに育つという輪を描いたもの。
その流れも、とても分かり易いものです。
たんぽぽだけでなく、ノアザミ、ハルジオン、ハハコノクサ等の見かける野草も描いているので、身近に感じられるのでしょう。
ちょっと残念だったのは、少しは解説が欲しかったこと。
春の野草といった類いの解説があれば、子供との会話が、もっと弾むと思いました。
ごんもり なつこさんの絵が、春の躍動を正確に伝えているのですが、その発色の美しさは特筆ものだと思います。
また、文章もとてもリズミカルなもの。
日本の絵本って、どちらかというとテンポが悪いと思うことがあるのですが、すずき ゆりいかさんの文は、実に小気味良いものだと思います。

散歩の途中で綿毛を見つけた時に、読み聞かせするとベスト。
こうした絵本は貴重なので、復刊して欲しいものです。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。

すずき ゆりいかさんのその他の作品

ふんわりあかちゃん

ごんもりなつこさんのその他の作品

いちじく にんじん / なのはな みつけた / はむ はむ はなむぐり / こどものとも いちじく にんじん / おちばのふとん / きたよ きたよ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

たんぽぽのたねとんだ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット