いっこ さんこ いっこ さんこ
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
みどりのなかのジュール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みどりのなかのジュール

作・絵: ジェローム・リュイリエ
訳: 結城 昌子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,470 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みどりのなかのジュール」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784097272663

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いちめんのみどりのなかに暮らすジュールは、舟に乗って旅にでます。そこでジュールが出会ったものは…。色鮮やかな環境絵本。
緑の森に暮らすジュールは、カヌーに乗って旅に出ます。活気に満ちた赤い町、騒音が響く灰色の街。大ネズミと戦い、クジラと遊び、森へ帰ったジュールを待っていたのは…。ため息が出るほど色彩鮮やかな、環境絵本。

ベストレビュー

色の秘密!

いちめんのみどりのなかでジュールはたいくつしていました
から始まる、ジュールのちょっと不思議な冒険物語。
だって、冒険する場所がユニークというか、異質というか、とにかく面白いです。

「色」というものが与える印象、それぞれの色が持つ役目とでも言ったらいいのかな?こうも違うのかと、びっくりさせられました。
緑は、心の安らぐ素敵な色だけど、それだけでは物足りない、色んな色があるからこそ、引き立つんだという、当たり前すぎて気がつかないようなことを、テーマにしていて興味深い1冊です。

私の好きな水色(青?!)は、夢をかなえる色だと知り、何だかとってもうれしくなりました♪
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

結城 昌子さんのその他の作品

小学館あーと知育ぶっく 名画ここどこ / ケイティとすいれんの池 / ケイティとスペインのおひめさま / ケイティのはじめての美術館 / ケイティとイギリスの画家たち / だれでもアーティスト



『くまくまパン』西村敏雄さんインタビュー

みどりのなかのジュール

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット