十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
ニャンさんなにみてるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニャンさんなにみてるの?

作・絵: おくむらくにこ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,400 +税

「ニャンさんなにみてるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784797441239

出版社からの紹介

ニャンさん、なにみてるの? ニャンさんの目に映っている景色を、目の色をヒントに当てていく繰り返しの絵本。ニャンさんが見る景色を通して、色の美しさ、自然の美しさを感じて欲しい。ニャンさんのおめめが赤いのは、真っ赤なりんごをみているから。緑のはっぱ、青い海、オレンジの夕焼け…… ニャンさんの目に映る景色は、温かくて、壮大で、なんだか不思議。とってもかわいくニャンさんの表情と、美しい色彩に注目!

ベストレビュー

悔しいけど、完敗です。

知人(親友のお母さん)から、子どもたちへのプレゼントにいただきました。
何、何?!新風舎絵本コンテスト優秀賞受賞作品?!実は私、このコンテスト応募して落選してますので、けっこうコンプレックスがあったりします。

それでも気を取り直して、題名はちょっと、エリック・カールの「くまさん くまさん なにみてるの?」に似てるなあ、と思いながら次女に読んであげました。

表紙からして、ニャンさんが上を見上げてる表情が、何ともいえずいいなあ、とネコ好きのハートをくすぐります。
いないいないばあのしぐさもかわいくて、どことなく松谷みよ子さんの有名な「いないいないばあ」にも似てるんだけど、憎めません。

そして本文に入ります。
「ニャンさん ニャンさん なにみてるの? あかい おめめ しているよ。」
ページをめくると、大きくりんごが描かれていて、
「まっかな りんごを みてるのね。
おおきな りんご。
ニャンさん りんごを たべたいのね。」
ネコはりんごなんて食べないよ、とネコ好きなら言い返してしまいますが、その表現力にはぐっときます。

ニャンさんのおめめの色によって、何を見ているのか、当てっこゲームのような絵本は、幼い子が夢中になります。
リズミカルな繰り返しが、耳に心地いいんですよね。
最後にお家に帰っていくというストーリーもシンプルですが、幼児は安心するんですよね。
案の定、次女は気に入り、何度も読まされることになりました。

そして、私は、なんといっても、たぶんパステルで描かれた、美しい色使いと、素朴なニャンさんの表情に魅せられました。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




2つの写真のまちがいをさがそう

ニャンさんなにみてるの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22




全ページためしよみ
年齢別絵本セット