すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まっくら森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まっくら森

作: 利光 晋世
絵: 本橋 靖昭
出版社: サンマーク出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まっくら森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

絵から物語を広げる絵本

NHKの「みんなのうた」という番組が大好きで、一時期録画して何度も観ていた時がありました。その中に、谷山浩子さん作詞・作曲の「まっくら森のうた」というのがありました。本橋靖昭さんの絵に魅かれてこの歌を作ったという谷山さんのコメントを、どこかで目にした記憶があります。
少し前に、テレビ絵本で『まっくら森』をやっていたので、懐かしさと、絵本で出ていたという発見に、この本を借りて読んでみました。

不思議なお話でしたが、あまり胸に響くものはありませんでした。
でも、(文を書いた方には申し訳ないのですが)文を読まずに絵だけを見ていくと、物凄く広がっていくものがあるのです。
とにかく絵が幻想的で美しい。特に、オレンジだけ、青だけ、緑だけといった一色を濃淡や陰陽だけで描いた絵はとても美しく、広がりがあります。
これは、文章で物語を限定してはいけない、絵を自分で読み解いていくものなのだと思うのです。
谷山さんが、絵から一曲作ってしまったように、この絵は人の創造力を刺激するような不思議な魅力を持っています。

我が家では、子どもには読んでいませんが、幻想的な絵が好きなお子さんには魅力的な一冊だと思います。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


本橋 靖昭さんのその他の作品

CD付き英語カード町の中のもの編(新装版) / ときめる森のおくりもの / 月夜のかえりみち



0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

まっくら森

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット