貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わたしのひかり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのひかり

  • 絵本
作・絵: モリー・バング
訳: さくま ゆみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「わたしのひかり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784566001688

28×23cm/38ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

きらきら光る町のあかり、あのあかりも、もともとはわたし(太陽)のひかりなのですよ。―人間がどのようにして電気を手に入れているかを語る絵本。さまざまな発電方法の短所と長所も解説しています。

ベストレビュー

知っておきたいエネルギーのこと

今年ほど、電気、節電、エネルギーについて言われたり考えたりする機会があった年はないと思います。

福島原発の事故で、原子力エネルギーについてももう一度見直したいという思いから本もたくさん読みました。

そんな時に、ナビを見ていたらこの本が新刊として上がっていたので読みたくなったのです。

電気をおこす方法は、自然エネルギーと言われて今年にわかに脚光を浴びた太陽や風などがあります。

石炭がいずれなくなるかもしれないということで生みだされた原子力には、一旦暴走すると収束に時間がかかること、廃棄物を捨てる場所がないことも今回知ったことです。

どんなエネルギーがこれからの世界を支えて行くのか、大人も真剣に考える時期が来ているように思います。

あとがきには、それぞれのエネルギーの持つ長所とて短所についても述べられています。

絵が美しくて高学年向きの読み聞かせにもよさそうな本だなあと思いました。

安全で環境にも優しいエネルギーがこれからの世界を支えてほしいと切に思います。

そして、エネルギーは無限ではないので、使い方ももっと工夫していかなくてはと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

モリー・バングさんのその他の作品

海のひかり / いきている ひかり / ソフィーは とっても おこったの!

さくま ゆみこさんのその他の作品

空の王さま / ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-2 宇宙の生命 / くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ



あの漢字検定が絵本を出版!?

わたしのひかり

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット