しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ナージャ希望の村
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナージャ希望の村

作: 本橋成一
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ナージャ希望の村」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

1986年4月に起こったチェルノブイリ原発の事故は、広い地域を放射能で汚染した。ベラルーシ共和国のドゥヂチ村では、村人全員が村を去らねばならなかった。愛と命のふるさとが、少女の目を通して語られる。

ベストレビュー

豊かさとは

『アレクセイと泉のはなし』を書かれた本橋成一さんの本です。

チャルノブイリの爆発があった翌年に生まれたナージャが生まれた村からチャルノブイリの五年後の様子が描かれています。

放射能に汚染された村と言っても、とても美しい自然が残っています。

目に見えないけれど、汚染が残りそれが人々をむしばんでいくこと、それが放射能のこわさだと思います。

そんな中でも閉鎖されたドゥヂチ村の学校は廃墟そのものですし、爆発がおこったチャルノブイリ原発の建屋は壊れたままです。

汚染された土地で自給自足の生活を送っている人々。

一旦暴走すれば人の手では押さえることができないのが放射能のこわさでもあります。

この村には、電化製品も電車もないのに、この理不尽さの中で生きていかなくてはいかなくてはならないのです。

豊かさとはなんでしょう。人の犠牲によって成り立つものなのでしょうか。

人の命の犠牲の上に成り立つ豊かさ・効率・利便性。

原発は、子どもたちに負の遺産を残し続けるのです。

セシウムで半減するのに30年。すべてがなくなるのに300年かかります。

チャルノブイリの時に、どうして私はそのことを学ばなかったのかと思います。

子どもたちの未来のために考えなければならないとしたら今しかないと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

本橋成一さんのその他の作品

アラヤシキの住人たち / うちは精肉店 / ふたりの画家 丸木位里・丸木俊の世界 / アレクセイと泉のはなし



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

ナージャ希望の村

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット