貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おはじきの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはじきの木

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 上野 紀子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはじきの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784251009234

対象: 小学校低学年以上向き

出版社からの紹介

げんさんは、戦争中の空襲で幼い命をとじたかなこが、おはじきをしていたという一本の木を訪ねます…。戦争の悲しみを伝える絵本。

ベストレビュー

心にずしんと残る本

同じコンビの「ちいちゃんのかげおくり」(長女(小3)が国語で勉強したので)を借りようと思ったのですが、なかったので代わりにこちらを借りてみました。

せつなくて悲しいお話が、ねずみくんとはまた違った、繊細で美しい絵とマッチして、心にずしんと残ります。

11年前、空襲で奥さんや子供を亡くしたげんさんが、空き地の片隅の1本のにれの木の前で、出会った女の子との不思議な出来事。
長女は目に涙をいっぱいためて聞いていました。読んでる私も、涙でにじんで字が見えなくて困りました。

戦争がどんなに悲惨で、おろかなものかを、言葉で伝えることは難しいけれど、絵本でなら、きっと伝えることができます。
何年経っても癒されることのない、げんさんの苦しみそのものはわからなくても、きっと子供心に深く感じる1冊になると思います。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

上野 紀子さんのその他の作品

ねずみくんといたずらビムくん / こころの絵本 The Picture Book of Cocoro / ねずみくんとおばけ / ちっちゃな ねずみくん / ねずみくんのチョッキ コラボソングCDつき絵本 / 【40周年記念限定販売】ねずみくんのGIFTBOX



映画『ゆずりは』試写会レポート

おはじきの木

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット