庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
自然スケッチ絵本館 鳥のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

自然スケッチ絵本館 鳥のこと

  • 絵本
文: キャスリン・シル
絵: ジョン・シル
訳: 鈴木 有子
出版社: 玉川大学出版部 玉川大学出版部の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月01日
ISBN: 9784472059223

A4変・40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ミミズク、ツグミ、ワシ、オシドリ…。鳥とはどんな生き物なのか。生き物が暮らす、自然の世界へ出かけよう。シンプルな説明と美しい細密画のコラボレーションによる生態絵本。巻末に登場した生き物の解説付き。

ベストレビュー

大学出版部の絵本

出版社の部分を見て、まず「へぇ〜」と、思いました。玉川大学の出版部!?しかも、ページを開くと大学の難しい資料とかに使うようなものではんく、4,5歳児の子どもでもわかるような実に一般的な絵本です。
この作品は「自然スケッチ絵本館」というシリーズの一冊でした。
イラストはジョン・シルという方です。

1種類の鳥と、簡潔にまとめられた説明文が1行で、1ページ丸々使っています。鳥たちはとても写実的に描かれていて、風景やその動きから、彼らの習性も見えてくる気がしました。
「くちばし」や「大きさ」などを説明してくれるページでは、何種類かの鳥たちが一度に紹介されていましたが、留まり方や食べ方などが、その1コマで理解できるような描き方だったので、とてもよくわかりました。
この絵本は鳥のことがとても好きな方が、愛情を持って、作られてるんだな。と、感じました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャスリン・シルさんのその他の作品

自然スケッチ絵本館 砂漠のこと / 自然スケッチ絵本館 海のこと / 自然スケッチ絵本館 山のこと / 自然スケッチ絵本館 草原のこと / 自然スケッチ絵本館 昆虫のこと / 自然スケッチ絵本館 ペンギンのこと

ジョン・シルさんのその他の作品

自然スケッチ絵本館 猛きん類のこと / 自然スケッチ絵本館 げっ歯類のこと / 自然スケッチ絵本館 魚のこと  / 自然スケッチ絵本館 甲殻類のこと  / 自然スケッチ絵本館 軟体動物のこと  / 自然スケッチ絵本館 ほ乳類のこと



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

自然スケッチ絵本館 鳥のこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット