くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
がまどんさるどん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

がまどんさるどん

作: 大江 ちさと
絵: 太田 大八
出版社: トモ企画

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

がまどん、よかったね!

がまどんは、道のはたで稲の穂を見つけて、だんごこしょうでさるどんと食べようとしたところ、さるどんの提案で稲穂を蒔いて米つくりをすることにしました。がまどんが、米つくりを一生懸命にやっていてもさるどんは一度も手伝うことがなくて、搗きたてのお餅を独り占めにしようと試みたんですが、失敗に終わりお餅は、がまくんのものになりました。人の良いがまどんは、さるどんにも分けてあげるかなあと思っていた私は以外な結末に少し驚きました。「がまのもんは がまのもん どこから食おうと お前さの しったことじゃねえ」と、さもうんまそうに「フワッ フワッ」と食うておりましたとさ。ちょっと寂しい気持ちになった私でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


大江 ちさとさんのその他の作品

さるのよめ

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

がまどんさるどん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット