もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
星の童話集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星の童話集

作: 宮沢 賢治
絵: 浜田 台児
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「星の童話集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

烏の大尉がかっこいい!

挿し絵は浜田台児という方が描かれています。
解説兼後書きは堀尾青史さんという方が書かれています。
この、堀尾さんの解説がなかなか面白かったです。
これを読んだことで、ここに取り上げられている宮沢作品の内面的なものが、少し覗けたような気がしました。

なんと!第1刷が昭和44年の本書は、正直とても昭和を感じる古い作品でした。図書館の書庫にあったものを借りてきました。
3月にあった震災の影響が、出版界というか、本の世界にも出ているそうです。TVCMで流れ続けた「金子みすず」さんと「宮沢賢治の本が売れに売れているそうです。
私も類にもれず、持っていない宮崎作品を読み直してみたくなり、図書館でも検索をかけてみたところ、有名どころは結構借り出されていました。
そこで、この本を借りてきました。たいとる「ほしの」とあるように、宮沢作品の中の≪星≫がついている「よだかの星」「双子星」「烏の北斗七星」を取り上げています。
実は、今回「烏の…」は初めて読みました。
賢治作品で、こんなにも≪男女の想い≫がはっきり出ている作品って、珍しい気がします。すごくラブロマンス要素が入ってました。
烏の大尉(主人公)が男らしくてかっこよかったです。
字も大きく、挿し絵もわかりやすくいい感じに入っていて、大変読みやすい童話集になっていました。
今度、機会を作って高学年の子どもたちに紹介してみたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

宮沢 賢治さんのその他の作品

どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

星の童話集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット