なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ちびけちゃんにもやらせて!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちびけちゃんにもやらせて!

作・絵: ミレイユ・ダランセ
訳: いせひでこ
出版社: 朔北社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784931284517

27×22cm 30頁

出版社からの紹介

一人でもみの木にクリスマスの飾り付けをしたいちびけちゃん。でも、ガラス玉を落としちゃったり、飾り箱に座っちゃったり、失敗ばかり。「あっちに行ってなさい!」とパパに言われて、ちびけちゃんはしょんぼりしてしまいます。

小さな頃は何でも「私が…僕が…」と自分でやりたいものです。親子の心の交流を温かい絵で描いたクリスマスのお話です。

ベストレビュー

困ってるんだ

クリスマスの飾りつけを一人でしたいちびけちゃんですが、パパから、
「・・・・きみは もう あっちにいって 座ってなさい」と言われてしまいます。やっぱり、手伝ってもらうと邪魔なこともあると思うけれど一緒に飾りつけをしてほしいと思いました。一人で寂しく自分の部屋にいるとパパからお呼びがかかります。「困っているんだ」とパパ。自分を必要としていてくれて本当に嬉しかったと思いました。パパと二人でクリスマスツリーの天辺にお箸様をつけたちびけちゃん、パパから主導権をとって本当に自慢そうでした。生き生きと輝いているちびけちゃんが伝わってきました。必要とされていると幾つになっても同じで嬉しいものだと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミレイユ・ダランセさんのその他の作品

イゴールの金のすず / いつまでねてるレオンちゃん / ごめんねボスコ / ぼくねむれないよ!

いせひでこさんのその他の作品

ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む / おさびし山のさくらの木 / わたしの木、こころの木 / 不思議の国のシロウサギかあさん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ちびけちゃんにもやらせて!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット