雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
かえるちゃんのおつきみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるちゃんのおつきみ

  • 絵本
作・絵: 渡辺 有一
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,068 +税

「かえるちゃんのおつきみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

きょうの夜は、かえるちゃんの家のおつきみ会。でも空はどんよりと曇り空。夜までに晴れるかどうか心配なかえるちゃんは、てるてるぼうずをつくりました。すると……。

ベストレビュー

かえるちゃんが演出

3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。おつきみの招待状を送ったのに、天気は怪しいし、雲は晴れない・・・。それをかえるちゃんは・・・。

こんな風に自分たちでなんとかできるといいなーと思える本でしたよ。みんなでおつきみをしようと招待状で誘ったのに、天気は雨模様。そこでかえるちゃんはてるてるぼうずをたくさん作ってぶら下げると雨が上がります。でも、雲が覆っていて月が見えません。大きなうちわを見つけてきて、それで仰ぐとたちまち雲が晴れていきます。月が見当たらないとあせったかえるちゃんは、大きな黄色い風船を膨らませますが、自分も風船と一緒に飛んでいってしまい、大変なことに。

こんなに自分で演出、コントロールできるといいのになーと思いながら読んでやりましたね。息子はにこにこしながらおもしろい話の展開に耳を傾けていました。なかなかおもしろいストーリー展開なので、機会があれば是非読んであげてください。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 有一さんのその他の作品

ねこの ひけしや / ぼく、おおきくなるからね / ねこのでんきや スイッチオン / ギンジとユキの1340日 / ねこまるせんせいとせつぶん / まよなかのたんじょうかい



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

かえるちゃんのおつきみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット