貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
鳥少年マイケル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鳥少年マイケル

作・絵: トミー・デ・パオラ
訳: 湯浅 フミエ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「鳥少年マイケル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

ベストレビュー

「公害」は死語ですか?

のどかな暮らしを送っているマイケルの家が黒い雲に覆われてしまいました。
作物は枯れ、動物たちは汚れてしまいました。
かつては公害と呼び、工場が環境を考えることなく吐き出していた煙のせいでした。
日本では高度成長と呼び、世界でもこぞって様々に技術革新を行っていた時代。
そのために経済は発展し、そのために環境は破壊されていきました。
この絵本は、そんな時代を痛烈に風刺した絵本です。
マイケルがどうして鳥少年なのかはわからないけれど、化学工場で人工的なはちみつをつくろうとして掃出した煙が、どうして必要だったのか、その時代ならば意味があったことはわかります。
蜂からはちみつをつくればいいじゃないか。
当たり前のことが、工場ではベルトコンベアで蜂を流して、はちみつを生産しようと、とんでもないことを考えます。
こんな勘違いがあったことも大人は知っています。
あたりまえにはちみつを作って、当たり前に自然を考えること。
この大切さを、大人たちが思い出しつつあることを、子どもたちにも伝えなければいけない。

環境問題は誰もが知っていることだけれど、どうして環境のことを考えなければいけなくなったのか、それはちょっと曖昧にされているように思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。

トミー・デ・パオラさんのその他の作品

さあ、しゃしんをとりますよ / おいっちにおいっちに / しかけ絵本 まほうつかいのノナばあさん / トム / ジェイミー・オルークとなぞのプーカ / ジェイミー・オルークとおばけイモ

湯浅 フミエさんのその他の作品

ノーナさまのクリスマス



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

鳥少年マイケル

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット