十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
チェルノブイリから広島へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チェルノブイリから広島へ

文・写真: 広河 隆一
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥820 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

原発事故から九年のチェルノブイリ.十代の若者に頻発する甲状腺ガン.放射能に汚染される村.そして被害を隠そうとする人々.フォト・ジャーナリストとして,チェルノブイリの惨状を追いつづけてきた著者が,原爆投下から五十年の広島を接点にして,あるべき救援活動の姿と,核は人類にとって必要なのかを考える.

ベストレビュー

被爆

チェルノブイリで事故が起きた時に、あれはロシアのことで、日本の原発で事故が起きることはないと言われていました。

でも、こうして今福島で収束がつかない原発の事故の現状を毎日気にしながら、見えない放射能で汚染されているのかもしれないと怯える日々が起きていることを思うと、その時の自分はなんと愚かであったのだろうと思うのです。

福島では線量が高い地域でも避難できずにいる子どもたちがいます。

その子どもたちは、暑い中長袖長ズボン、マスク姿で登校して、締め切った部屋で勉強をしているのです。

そして、その電力は福島で使うものではなく首都圏の電力を補うものであったということ。

チャルノブイリでの事故も汚染地域の人々の生活は貧しく家電製品もないのに、被爆してしまったのです。

チャルノブイリで起きた悲劇、被爆が日本の子どもたちにどうかおきませんように。

今はそれのみを毎日祈っています。

この本は、1995年、阪神大震災が起きた年に書かれています。

チャルノブイリの時に、なぜ自分は原発の危険に目を向けなかったのかと今は悔いるばかりです。

子どもたちを守るために、大人は正しい知識を得ておかなければならないと思い読みました。

私は自分の今の便利な生活を維持しなても、安全な暮らしを子どもたちに残したいと思います。

原発の汚染は日本だけでなく世界も巻き込みます。

岩波ジュニア新書では、このように見識のある出版を続けられていたことに今とても感謝しています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広河 隆一 さんのその他の作品

ニーナ先生と子どもたち



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

チェルノブイリから広島へ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット