くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ホルンくんとトランくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホルンくんとトランくん

  • 絵本
作・絵: セバスチャン・ブラウン
訳: 中川 ひろたか
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ホルンくんとトランくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784776404651

読んであげるなら2・3才から
19×23cm・32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ホルンくんは、つちをほるのがとくいなショベルカー。
ともだちのトラックのトランくんたちといっしょに、うまった石をほりだそうとがんばります。
ところが、ほってもほっても石はうまったままで……。工事のくるまがいっぱい登場! 
たのしい擬音語もたくさんでてくるので、ちいさな子どもたちへの読み聞かせにもおすすめ。
“ひとりひとりがみんなとくべつ”―仲間っていいな。やり遂げる喜びが共感できる絵本です。                    

ホルンくんとトランくん

ベストレビュー

工事車両好きには楽しい!

2歳8か月の息子が、図書館でチョイスしました。

大きな石を、工事現場の車たちが力を合わせて、取り除こうとするストーリー。
さまざまな工事現場の車の役割の特徴、
そして、チームのみんなで力を合わせるという素晴らしさが描かれています。

工事車両の車の話によくありがちなお話の構成で、
また、絵も海外のものでかわいいです。

息子は飽きもせず、喜んで読んでいました。
工事車両好きには楽しかったようです。
(トゥリーハウスさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セバスチャン・ブラウンさんのその他の作品

てをつなごう! まきばのどうぶつ / てをつなごう! やせいのどうぶつ / ちいさなタグボート ポッポ / ミャオ!おおきなはこをどうするの? / ミャオ!ちいさないすをどうするの? / パパだいすき

中川 ひろたかさんのその他の作品

はじめての はじまり / ともだちのやくそく / おとのさま、小学校にいく / あれ あれ だあれ? / ごはんのにおい / きょうふのおばけにんじん



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

ホルンくんとトランくん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット