だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
わんぱくだんのどんぐりまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱくだんのどんぐりまつり

  • 絵本
作: ゆきの ゆみこ / 上野 与志
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年08月
ISBN: 9784893253187

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いつも不思議なことに出会う「わんぱくだん」。
3人が目にした「どんぐりまつり」とは!?

「わんぱくだん」の3人が森でどんぐり拾いをしていると、
大きなどんぐりが転がりだしました。追いかけていく3人。
すると、どこからか「どんぐりまつりがはじまるよ。」と声がして…。

ファンタジーを通して、自然への営みへも目を向けたお話です。
祭りに参加して、どんぐりたちと楽しく遊ぶ3人でしたが、
やがて木枯らしが吹いて、祭りは跡形もなく消えてしまいます。
「どんぐりまつり」は、子どもであるどんぐりが
大きな木になる前の最後の祭りだったのです。
そのことを知った3人は……。

わんぱくだんのどんぐりまつり

ベストレビュー

娘の一番のお気に入り

わんぱくだんシリーズが大好きな娘。
なかでもこの「どんぐりまつり」は、特にお気に入りだそうです。

最近は初めて読む絵本でも、なんとなく先の展開を予想して
読み進める娘。
ふたつのどんぐりがわんぱくだんのお友だちになったあたりは
娘の予想ビンゴだったらしく、
「やっぱり、こうなると思ったんだ!」と、嬉しそうでした。

どんぐりまつりは、どんぐりの子どもが大人になるためのお祭り。
普段なかなか意識することがないのですが、
そういえばどんぐりの木は、
最初はどんぐりだったんだ!

どんぐりから芽が出て、成長して樹になり、
またどんぐりを実らせる。
どんぐりの樹が、こどもであるどんぐり達に向ける優しい眼差し。
こんど公園に行ったら、どんぐりに対する見方がとっても変わってきそうな
絵本です。
 
娘もこんど、どんぐりを土に埋めてみたいそうです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゆきの ゆみこ / 上野 与志さんのその他の作品

わんぱくだんのてるてるぼうず

末崎 茂樹さんのその他の作品

くすのきだんちのあきまつり / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち / やまねこせんせいのこんやは おつきみ / くすのきだんちのなつやすみ / わんぱくだんの まほうのじゅうたん



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

わんぱくだんのどんぐりまつり

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット