ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
わすれないあの日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わすれないあの日

作: 三代沢 史子
出版社: 日本図書センター

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わすれないあの日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

3歳の日の忘れられない恐怖

三代沢さんの記憶は3歳の時の大空襲の体験から始まっていると言います。
50年を経た歳になっても、鮮烈に残っていると言います。
自分の記憶を語りながら、その時の恐怖を描いているのですが、先ずは絵のインパクトに目を奪われました。
抽象画のようでありながら、その時の情景と恐怖が克明に描かれています。
これは、心に刻まれたトラウマがそれだけ大きいものであり、深く哀しいものだからだと思います。
3歳の時、三代沢さんは訪ねてきたいとこの明子姉ちゃんとともに大空襲の夜を迎えました。
逃げ込んだ防空壕も、焼夷弾で燃え始めます。
生まれたばかりの弟と母と明子姉ちゃんと自分。
4人で防空壕のそばの池の中で夜を明かします。
降ってくる火の粉と、足が池底につかない怖さに必死で明子姉ちゃんにしがみついていた自分。
火の粉を払いながら、片腕で抱きかかえてくれていた明子ねえちゃん。
それだから今の自分がいる。
息を引き取ったと思った赤ん坊の弟が、母親のおっぱいで息を吹き返した。
その光景と自分が生きていることのありがたさ。
三代沢さんは描かずにいられなかったのです。
作り話ではない重さ、人の創作ではない緊張感のある絵…。
この絵本には、にじみ出てくる命の叫びを感じました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

三代沢 史子さんのその他の作品

わすれないあの日



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

わすれないあの日

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット