なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おおどろぼうごーちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおどろぼうごーちゃん

作・絵: 森野さかな
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「おおどろぼうごーちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年04月
ISBN: 9784893256034

出版社からの紹介

ひょんなことから嘘をついてしまったと思ったごーちゃん。「嘘つきは泥棒のはじまり」と聞いて一大決心します。「どうせなら大泥棒になろう!」。ユーモアあふれるお話。

ベストレビュー

ごーちゃんの素直さが大好きです

幼稚園で先生に「いちごとメロンとどっちが好き?」と聞かれて、どっちも好きなごーちゃんは答えに迷ったのです。いったん「いちご」と答えたものの、本当にいちごの方が好きなのかと言われると自信がない。もしかして、うそついちゃったかな・・・。ここから、ごーちゃんは悩みに悩んで、その悩みにお母さんの一言「うそつきは、泥棒の始まりっていうわね。」でガツンとショックを受けます。どうせ泥棒になるなら大泥棒になりたいと決心したごーちゃん。いろいろ努力してみるものの所詮は幼稚園児。なかなか泥棒が成功しません。
ごーちゃんが自分の本当の気持ちと向き合おうとする一生懸命さがとても光っていると思います。そして、同じなるなら大泥棒になりたいと決心するその強さ、たくましさも大好きです。
(はおはおさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森野 さかなさんのその他の作品

「こどもの権利条約」絵事典 / 理想のママのつくりかた / ぼくとタロー / こどもの権利を買わないで / つよいのだれだ? / むし歯になったよオウンオウン



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

おおどろぼうごーちゃん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット