となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
おおどろぼうごーちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおどろぼうごーちゃん

作・絵: 森野さかな
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おおどろぼうごーちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年04月
ISBN: 9784893256034

出版社からの紹介

ひょんなことから嘘をついてしまったと思ったごーちゃん。「嘘つきは泥棒のはじまり」と聞いて一大決心します。「どうせなら大泥棒になろう!」。ユーモアあふれるお話。

ベストレビュー

ごーちゃんの素直さが大好きです

幼稚園で先生に「いちごとメロンとどっちが好き?」と聞かれて、どっちも好きなごーちゃんは答えに迷ったのです。いったん「いちご」と答えたものの、本当にいちごの方が好きなのかと言われると自信がない。もしかして、うそついちゃったかな・・・。ここから、ごーちゃんは悩みに悩んで、その悩みにお母さんの一言「うそつきは、泥棒の始まりっていうわね。」でガツンとショックを受けます。どうせ泥棒になるなら大泥棒になりたいと決心したごーちゃん。いろいろ努力してみるものの所詮は幼稚園児。なかなか泥棒が成功しません。
ごーちゃんが自分の本当の気持ちと向き合おうとする一生懸命さがとても光っていると思います。そして、同じなるなら大泥棒になりたいと決心するその強さ、たくましさも大好きです。
(はおはおさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

森野さかなさんのその他の作品

「こどもの権利条約」絵事典 / 理想のママのつくりかた / ぼくとタロー / こどもの権利を買わないで / つよいのだれだ? / むし歯になったよオウンオウン



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

おおどろぼうごーちゃん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット