まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
へそのお
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へそのお

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 石井 聖岳
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784569685045

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

出版社からの紹介

保育士やバンドマンなど、ユニークな経歴をもつ絵本作家、中川ひろたか氏の作、若手で活躍めざましい画家、石井聖岳氏の絵によるユーモラスな絵本です。

お話の内容は、主人公の「ぼく」が、へそのおをめぐって、あれこれ思いをめぐらすものです。おかあさんは、ぼくに桐の箱に入ったへそのおを見せてくれました。「なに、これ。貝の干したのみたい」「へそのおよ。あなたがおなかの中にいたときのいのちづな」「へえ、そう」といった調子で展開します。

ぼくは、おとうさんにも聞いてみました。おとうさんのへそのおは、ねずみに食べられてしまったとのことですが、おとうさんはいろいろなことを教えてくれました。へそは、胃や腸みたいな内蔵が外に表れているところで、やたらにさわってはいけないこと。哺乳類だけにあること。「まん中」を意味する言葉であること、などです。

ユーモラスなお話の中に、家族のぬくもりを感じさせる絵本です。

ベストレビュー

へそのお

へそのおの絵本。
おへそに関する、大人も「へぇ〜そぉ〜」というような知識が詰まっています。
母親との関係を改めて子供が感じられる絵本です。
(NARIGEさん 30代・パパ 女の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

やさいだいすきだワニ / くまのこ3きょうだい ふねのきょうそう / おいでおいで / みんなで ねんね / あたま とんとん たたいたら / まんま まんま

石井 聖岳さんのその他の作品

だれもしらない図書館のひみつ / とりづくし / ぼくはなきました / どうぶつ四文字熟語えほん / たんじょう会はきょうりゅうをよんで  / こんやはてまきずし



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

へそのお

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット