1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
へそのお
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へそのお

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 石井 聖岳
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784569685045

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

出版社からの紹介

保育士やバンドマンなど、ユニークな経歴をもつ絵本作家、中川ひろたか氏の作、若手で活躍めざましい画家、石井聖岳氏の絵によるユーモラスな絵本です。

お話の内容は、主人公の「ぼく」が、へそのおをめぐって、あれこれ思いをめぐらすものです。おかあさんは、ぼくに桐の箱に入ったへそのおを見せてくれました。「なに、これ。貝の干したのみたい」「へそのおよ。あなたがおなかの中にいたときのいのちづな」「へえ、そう」といった調子で展開します。

ぼくは、おとうさんにも聞いてみました。おとうさんのへそのおは、ねずみに食べられてしまったとのことですが、おとうさんはいろいろなことを教えてくれました。へそは、胃や腸みたいな内蔵が外に表れているところで、やたらにさわってはいけないこと。哺乳類だけにあること。「まん中」を意味する言葉であること、などです。

ユーモラスなお話の中に、家族のぬくもりを感じさせる絵本です。

ベストレビュー

へそのお

へそのおの絵本。
おへそに関する、大人も「へぇ〜そぉ〜」というような知識が詰まっています。
母親との関係を改めて子供が感じられる絵本です。
(NARIGEさん 30代・パパ 女の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

中川 ひろたかさんのその他の作品

おとのさま、小学校にいく / ごはんのにおい / きょうふのおばけにんじん / おしりフリフリ / みんな生きている / ダイズマンとコメリーヌ

石井 聖岳さんのその他の作品

こんやはてまきずし / おともだちできた? / だんご屋政談 / ことばあそびレストラン / みんなのおばけ小学校 / のってる のってる



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

へそのお

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 34人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット