もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
銅版画家の仕事場
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

銅版画家の仕事場

  • 絵本
作・絵: アーサー・ガイサート
訳: 久美 沙織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「銅版画家の仕事場」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784776400844


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくのおじいさんは銅版画家。色をぬる手伝いをしているうちに、ぼくは絵の中をさまよって……。少年と祖父を案内役に、銅版画家の仕事を紹介した絵本。巻末に製作過程の詳しい説明があります。

ベストレビュー

エッチング

『THE ETCHER’S STUDIO』が原題。
「ぼく」は毎年おじいさんの仕事のお手伝いをするのです。
おじいさんは銅版画家、ということで、その作業の様子が描かれます。
もちろん、作者も銅版画家ですので、それらが全て、銅版画で描かれているのです。
銅版画というのは、銅版に下絵を写し取り、その線に沿って道具で引っかき、
さらに化学薬品で腐食させて凹部分を作り、そこにインクを残して
印刷する版画のこと。
なかなか工程がたくさんある作業です。
読者も、「ぼく」の視点から、その様子を知ることができます。
−気がつくと、絵の中をさまよっている。
「ぼく」のワクワク感が伝わってきて、素敵です。
私も学生時代、銅版画を見る機会があり、その工程が知りたくて、
芸術学の先生を質問攻めにしたことがあります。
(一般教養科目だったし、試験には出さないと言われましたが。)
銅版画って、それだけやっぱり魅力的なんですね。
描かれた作業場には、作品もたくさんあり、作者のほかの作品の絵も見つけて
嬉しくなりました。
なにより、おじいさんに褒められた「ぼく」の嬉しさも伝わってきました。
嬉しいことに、巻末に用具の名前や、工程の解説まであります。
化学薬品のビンの危険物マークが、妙にリアリティがありました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーサー・ガイサートさんのその他の作品

あかりをけして / ミステリー おいしい博物館盗難事件 / デザートタウン / ナーサリークライムズ / マウンテンタウン / リバータウン

久美 沙織さんのその他の作品

角川つばさ文庫 眠り姫と13番めの魔女 / 角川つばさ文庫 白雪姫と黒の女王 / 白の姫黒の姫 / コブタをかぞえて IからMM



2つの写真のまちがいをさがそう

銅版画家の仕事場

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット