ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
だれも しらない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれも しらない

  • 児童書
作: 灰谷 健次郎
絵: 長谷川 集平
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784251097026

対象: 小学校中学年以上向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

体は不自由だけど、まりこの豊かな世界の広がりは、私たちに生きることの意味を問いかけます。

ベストレビュー

理解しあうこと

人はみな、それぞれですね。違うんですよね。
病気も怪我もなく、元気元気!な人もいれば、日々暮らしていくのに
かなり力を要する病気の人もいます。体がうまく機能しない人だって
います。また、見たところ、なんでもないように思えても実は心に
病気を抱えていたり、体の見えないところに病気を抱えている人だって
います。
そういう、「みんな違うんだ」っていうことをお互い理解しあって、
なんでもない風にかかわって生きていけたらいいなあって思います。
理想論かもしれないけれど、そんなにうまくはいかないのかもしれない
けれど、そう思います。
まりこの人生がこれから明るく楽しい日々でありますように。
きびしい人生をおくっている人に、でも、そのことを理由に「大変ですね」
とか「がんばってね」なんて言いたくないんです。
そんなこと言わなくてもわかるん!って思うんです。大変そうなところが
あったら自然にフォローできるような人でいたいなあ。
我が娘も左足に麻痺があって、装具をつけてはいるけれど、幼稚園入園
当初、お友達は見慣れないものにびっくりしたようではあったけれど、
今では「それが普通」といった感じで特にお互い気にすることもなく
楽しくやっているようです。そう、最初はびっくりしちゃうけどね。
見慣れないことにはびっくりするものだものね。でも、そこから仲良く
なっていけたらいいんだよねって思うんです♪
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


灰谷 健次郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生 / 101人のかみさま

長谷川 集平さんのその他の作品

夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(13) 古田足日子どもの本



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

だれも しらない

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット