もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
サンタさんにあえる本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタさんにあえる本

  • 絵本
作・絵: 豊田 ゆり
出版社: 実業之日本社

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サンタさんにあえる本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

夢のアイテムとして、大活躍中!!

9歳の上の子が、とっても気に入って、最近(クリスマスが近くなってから)毎日読んでいる絵本です。
クリスマスって、なんだか楽しいですよね。サンタさんの有無をどうのこうのいう人達もいますが、北欧の国にはちゃんとサンタ村があって、世界にはサンタの認定試験に受かったサンタさんが、何人もいるのも事実。
私は自分の子供達には、いつまでも夢を持っていて欲しいと思っています。
この絵本は、そんな子供達に素敵な夢を見せてくれるアイテムの一つになってくれたようです。
特に小題が面白くて、『前の日までにやっておくこと』の章には、「そうじをする」に始まって、「サンタの、入り口について考える」とか、「ペットのもんだいも、かいけつしたい」とか、『クリスマスイブの日に』では、「サンタをむかえるキホンしせい」とか、「サンタさんを、おもてなしする」など、ワクワクする内容になっています。
私自身が読んでいて、一番楽しかったのは、「サンタさんの、日記をのぞいてきる」で、サンタさんがその年プレゼントを配っていて、どんなことがあっタとか、こんなプレゼントが一番多かったとか、来年のためのメモの章でした。
とっても楽しい本なので、クリスマスを待ちながら、ぜひ親子で読んでみて下さい。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

サンタさんにあえる本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット