バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
にんじんのあかえちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にんじんのあかえちゃん

作・絵: いなべやすえ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「にんじんのあかえちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年06月

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

にんじんのあかえちゃんは、お母さんが焼いたクッキーを持って、おばあちゃんのお見舞いに。途中、大工のかぼすけおじさんや、パン屋のとーまさんなど、町のみんなも加わってにぎやかに歩いていきます。ところが、途中の原っぱでお昼寝している間に、牛のもーもこさんがクッキーを全部食べてしまいました。さあ、みんなはクッキーのかわりにおばあちゃんにどんなお見舞いをするのでしょう?

ベストレビュー

おせっかいで、気のいい野菜たちが登場します。

単純明解なお話なんですが、主人公のあかえちゃんが「にんじん」というのが、要チェック!
頭の上にある緑の葉っぱが、なんともキュートでした。
周りに出てくる隣人たちも、一昔前の長家を見ているような、おせっかいで、気のいい野菜たちが登場します。
お掃除好きのたまねぎのおばさんやら、カボチャの大工さんやら、見ていて、とっても楽しかったです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ




40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

にんじんのあかえちゃん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45




全ページためしよみ
年齢別絵本セット