貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くつが鳴る
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くつが鳴る

  • 絵本
作: 手嶋 洋美
絵: あべ まれこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「くつが鳴る」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

体の不自由な陽子は、一か月前にようやく歩けるようになったばかり。今日も、公園へ歩く練習をしにきたところ……。一歩一歩ひたむきに歩く陽子と、憎まれ口をたたきながらも彼女を見守る友人との心のふれあいを、爽やかに、温かく描いています。

ベストレビュー

体の不自由な陽子の歩く練習

「ニッサン童話と絵本のグランプリ」受賞作品。
この絵本は作者の実体験に基づくおはなしです。
ストーリーは体の不自由な陽子が公園で歩行練習をする、
だけです。
歩行練習用の特別な靴なのでコキュコキュッと鳴るのです。
でも、感動ドキュメントでもなく、
ふうんわりとした読後感が残るのはなぜでしょう。
応援の声が大きくて恥ずかしいお母さん。
はやしたててばかりのおさななじみの啓太。
目の前でこけた1歳くらいの男の子。
そして、一歩一歩がんばった陽子。
どうぞゆっくり味わってください。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

あべ まれこさんのその他の作品

わけありリンゴのアップルパイ / 春になったらあけてください / 「か」ってなんだ?



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

くつが鳴る

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット