おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
落語絵本5 おにのめん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

落語絵本5 おにのめん

  • 絵本
作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784906379903

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「落語絵本制作のひみつ」新作の完成まで!

出版社からの紹介

お春は、荒物(あらもの)問屋に奉公する働き者。
母親に似たお面をながめては、恋しさをまぎらわしています。
ところが、暮れもおしせまったある日、お春がいなくなってしまい、たいへんな騒ぎに…。
そのころ、お春は「おにのめん」を背負って、ひとり夜の枯野を実家へと向かっているのですが、いったい、なにがおこったの?

★ひとこと秘話
お春が住み込みで働いているのは、荒物問屋の「河内(かわち)屋」。
じつは、川端さんのご実家のご商売と屋号です。ちなみに荒物とは
生活雑貨のこと。亀の子たわし、つるやのろうそくなどが描かれています。

ベストレビュー

おにが笑った!!

小学生の息子は凄く面白い!!と絶賛の本です。
奉公に行ってお母さんと離れ離れのお春。
お母さんにそっくりのお面を大事にしていましたが、そこへ悪戯をされて鬼のお面にすり替えられてしまいます。
さてさて・・・・どうなってしまうのでしょう!!
読んでからのお楽しみ・・
小学生から楽しめると思います。
是非どうぞ・
(はやつぐさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。

川端 誠さんのその他の作品

野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂 / 川端誠落語絵本セット(全15巻)



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

落語絵本5 おにのめん

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 33人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット