大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
スキーをはいたねこのヘンリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スキーをはいたねこのヘンリー

  • 絵本
作: メリー・カルホーン
絵: エリック・イングラハム
訳: 猪熊 葉子
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,500 +税

「スキーをはいたねこのヘンリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784860570286

出版社からの紹介

まちがって雪山においてけぼりにされてしまったねこのヘンリーが、なんとスキーでやまから降りてきちゃったというお話。はたして家族に会うことができるのでしょうか。

ベストレビュー

ショートフィルムを見ているような

このシリーズのクリスマスのお話を読んだことがあり、シリーズがあるのは前から知っていました。

ある講座で少し大きめのお子さんの読み聞かせに向く本として紹介され、読んでいなかったこのお話を読んでみると、なるほど。

読み聞かせには、10分から11分ほどありますが、ショートフィルムを見ているような動きとドキドキハラハラなストーリー展開がありました。

絵もとても美しくヘンリーのその時々に見せる動きやしぐさからヘンリーのその時の気持ちもよく伝わってきます。

取り残されたことを知ったヘンリーが果敢にもスキーに挑戦。実際にはあり得ないことですが、このお話の中のヘンリーならいかにもやりそう。

そんな実行力と好奇心と賢さを兼ね備えているような気がしました。

絵本としては長めですが、その分読んだ後の満足感があるのも長いお話ならではだと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メリー・カルホーンさんのその他の作品

ふねにのったねこのヘンリー / とびねこヘンリー / クリスマスのねこヘンリー / るすばんねこのぼうけん

猪熊 葉子さんのその他の作品

アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女 / 岩波少年文庫 王のしるし (下) / 岩波少年文庫 王のしるし 上 / 岩波少年文庫 運命の騎士



第12回 『あったかいな』の片山健さん

スキーをはいたねこのヘンリー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット