星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おとうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさん

作・絵: 長島 正和
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,214 +税

「おとうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

おとうさんを大きなスケールで描いた絵本です。時間の流れのなかで「おとうさん」に憧れる子どもの気持ちがひろがります。ぜひ、親子でいっしょに読んで下さい。

ベストレビュー

おとうさんの仕事 将来の子供はどんなに

父の日に向けて 図書コーナーで見つけた絵本です 
おとうさん 
ぼくのおとうさんのおとうさんのおとうさんの おとうさんのおとうさんのおとうさんは、むかし 猟師だったそうです。
こんな話から始まるのです

人間の ルーツ(自分という存在のルーツ)不思議でも何でもないけれど 話を聞かないと知る事はできませんが ずっとつながっているのは確かですね
作者は そんなことを 絵本で伝えてくれているのですね
森の絵のなかに 小さな家 構図はよく似ていて
きこり お百姓 牧場 機関車の運転手 建築家

そしてぼくはがお父さんになったら 自分の夢が語られています時間の流れを 感じます。

単純な 絵とお話ですが将来は宇宙? そんな時代がくることを願っているのか 猟師になっているのか?
と結ばれているところが 余韻を持たせています。

子供にも分かると思う絵本ですよ
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

おとうさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット