サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ボクのこときらい? カエルのきもち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボクのこときらい? カエルのきもち

  • 絵本
作: やすのぶ なおふみ
写真: まつはし としみつ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボクのこときらい? カエルのきもち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784569684789

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カエルは面白い。姿形、生態はもちろん、水の神様として扱われていたり、物語の登場も多い。そんなカエルの魅力を様々な角度から紹介!

ベストレビュー

カエルはよかったんですが…。

絵本の中にあるたくさんの写真はまつはしとしみつさんが撮っています。
上の子がカエルとかも好きなので、喜ぶかな〜って、表紙を見ただけで図書館で借りてきたのですが…。
後半には、割りと嫌われもののは虫類「ヘビ」も載っていました。
実は、私は子供の頃から、ヘビが苦手で、ゾワゾワするのを必死で堪えて、取りあえず全部読み切りました。
カエルは、じっくり見なければ可愛いなと思いますし、小さなカエルなら触れもします。
でも、ヘビはちょっと堪忍です。この絵本を読んでも残念ながら、可愛いとは思えませんでした。どうしても生理的にダメでした。
ただ、生き物好きの上の子は、とっても楽しめたようです。
「面白いな〜、面白いな〜。」と、何度も読んでいました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

ボクのこときらい? カエルのきもち

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット