宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
アリババと40人の盗賊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリババと40人の盗賊

  • 絵本
作・絵: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1988年
ISBN: 9784772100939

6歳から
26×19cm・56ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ひらけごま!」で有名なスリル満点な物語を、原典のストーリー展開を生かして再話。アラビアの不思議な雰囲気を漂わせる絵と、軽妙な馬場流の語り口も魅力です。

ベストレビュー

話は結構刺激的

絵本だからすぐに読み終わると思っていたら、結構分量がありました。

ほのぼのとした絵ですが、話は結構刺激的でした。

たとえば、アリババのお兄さんが欲を出してしまうため盗賊に殺される、お兄さんの奥さんが、お兄さんの死後、アリババの第2夫人になるなど。

私は、子どもの頃にも読んでので、読みながら話を少しずつ思い出しました。

長いお話で途中で切れないので、最後まで読みましたが、ちょっと長いお話が聞けるようになったお子さん向きだと思います。

アリババに刻々と迫る危機には、ドキドキハラハラでした。お話的にはおもしろい、でも残酷に感じてしまう面もあるかもしれません。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


馬場 のぼるさんのその他の作品

11ぴきのねこすごろく / 馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと / 馬場のぼる ねこと漫画と故郷と / くまのまあすけ / まあすけのぼうし / たらふくまんま



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

アリババと40人の盗賊

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット