もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
アンナと冬のすみれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンナと冬のすみれ

絵: エリザベス・ハーバー
訳: 中川 千尋
再話: ネッティ・ローウェンスタイン
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「アンナと冬のすみれ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784198612764

5歳から

出版社からの紹介

ある晩、継母とその連れ子のねえさんに、すみれをつんでくるよういわれたアンナ。雪の中、森へでかけますが、こんな冬にすみれが咲いているはずがありません。途方にくれるアンナでしたが、森の奥で、十二の月をつかさどる不思議な人々に出会い…? 繊細なイラストが美しい絵本。

ベストレビュー

素敵な神話

12月のある日、まま母と姉さんに言われて、
森にすみれの花を探しに行ったアンナ。
(朝から晩まで働かされ、いじわるばかりされていた)
森のなかをさまよううち、火を囲んで12人の人がいすに
すわっていた。十二の月だった。「今は私がおさめる月なので
大きいいすにすわっている」と12月が言う。
願いを聞いてくれて、三つずついすをずれ、3月が大きいいす
にすわると、そよ風が吹き、雪が解け、野原いちめんすみれが
咲いた。アンナはエプロンいっぱいにすみれを摘み、
急いで家に帰る途中、冬に戻った。
よくばりな、まま母と姉さんは、その話を聞き、
森へ行ったっきり帰っては来なかった・・というお話です。

神話のような話に、パステル調の、ほんわかした絵が
ピッタリです。森の動物達が所々小さく登場するのも
かわいい。

火を囲んで十二の月がいすにすわっている絵が、
子供は印象的だったようで、「不思議な形してる人だね」
と言っていました。
(♪ナナコ♪さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリザベス・ハーバーさんのその他の作品

いっしょにいたいな いつまでも 〜2ひきのいぬのおはなし〜 / あざみ姫

中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / 三つのまほうのおくりもの / チョコレート屋のねこ / かしこいモリー / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

アンナと冬のすみれ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット