ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なぞなぞかけた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なぞなぞかけた

作: こいでたん
絵: こいで やすこ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なぞなぞかけた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

良い意味でオーソドックスな展開(^^)♪

図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

ももことお姉ちゃんが森で絵を描いていると、
どこからか紙ひこうきが飛んできました。
紙ひこうきを見てみると、なぞなぞが書いてあります。
2人はなぞなぞの答えを考えていると、りすが2匹やってきて・・・!

だんだん増えていく動物たちと一緒に、
うちの子供たちも答えを考えながら、ワクワクしているのが伝わってきました。
紙ひこうきを飛ばしている誰かさんの姿がちょっとだけ描かれている所に次女が気付いたり、
「次はこの子が答え教えてくれるんじゃない?」と
増えていく動物の行動を先読みしていました(^^)。
なぞなぞの最後の○の中の文字に、9歳の娘も、「あっ!分かっちゃった♪」と嬉しそう(^^)。
良い意味でオーソドックスな展開で、安心して読めました。

林明子さんの『きょうはなんのひ?』とちょっと似ている雰囲気で、
うちの子供たちはとても楽しんでいました。
約30年前が初版ですが、特に古さも感じずに楽しめました。
おもしろかったです(^^)♪
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こいでたんさんのその他の作品

ちびねこのちょび

こいで やすこさんのその他の作品

たろうめいじんのたからもの / おいちにの だーるまさん / くさはらだより / おべんともって おはなみに / なっちゃんのゆきうさぎ / おおさむ こさむ



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

なぞなぞかけた

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット