あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
もしも日本人がみんな米つぶだったら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしも日本人がみんな米つぶだったら

作: 山口 タオ
絵: 津川 シンスケ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784062124409

B5変型 39頁

出版社からの紹介

お茶わん1ぱいに、ごはんは何つぶ?
大きな数を実感する秘伝米つぶ換算術(かんさんじゅつ)
いまの子どもに必要なのは、朝ごはんを食べることと、この本です。

ベストレビュー

こんな身近なものに@@

お米は毎日食べる超身近な食べ物。
そして我が家では私の実家の父母が丹精込めて育てて
分けてくれるありがたい食べ物なので
娘もいつも「おじいちゃんのごはん」と言って食べます。
そんなお米ですがお茶碗1杯にどのくらいの数の米粒があるのかなんて
考えたこともなくて
異常なほどに娘は食いつきました。
懸命に数える男の子といっしょに本当に真剣でした^^;
いろんな単位だけに終わらなくて
しまいには日本人がお米になっちゃったりして
学校の校庭に並んだ生徒たちに例えた時には爆笑してました。
大人が読んでもなるほど〜〜〜なことがたくさんです。
『想像力のテキスト』という本も気になっています。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山口 タオさんのその他の作品

ことばかくれんぼ / ソクラテス学校へ行く / ソクラテスつかまる / ソクラテス耳をすます / ソクラテスわらう / やあ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

もしも日本人がみんな米つぶだったら

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット