新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
おばけのバーバパパ
プラチナブックメダル

『 おばけのバーバパパ 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

おばけのバーバパパ

  • 絵本
作: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1972年06月
ISBN: 9784032021301

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜
23cm×26cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

3歳向け 絵本セット

▼ 絵本とあわせて欲しい♪食器やランチグッズなど。
>>『おばけのバーバパパ』グッズはこちら

みどころ

続きを読む
おばけのバーバパパ

出版社からの紹介

姿を自由に変形できるおばけのバーバパパは火事場で大活躍し、町の人気者になります。世界各国で愛読された軽妙な傑作絵本。

この人もおすすめしています

【金柿パパ】
バーバパパの凄いところは「何にでも変身できる」こと。このコンセプトによって子どもの感性が解き放れ、自由な発想が沸いてきます。この作品に続くシリーズでバーバパパは家族を作りますが、そのパパぶりは実にお見事で、尊敬に値します。ゆったり落ち着いていてにこやかで優しく、いつでもどこでもママへの愛情を示すのです。おはなしがわかり易く読みやすいので、絵本を読む機会が少ないパパにもおすすめです。

ベストレビュー

楽しくなる絵本

私が子供の頃大好きだった絵本。

自由自在に形を変えながら大活躍するバーバパパシリーズの原点です。
バーバママとも知り合う前。

動物園に入れられて1人ぼっちになってしまいますが、大活躍が認められてフランソワの家の庭で暮らすことになります。

この絵本を眺めているだけで、楽しく幸せだったと感じていた子供の頃の思い出蘇ってきます。

息子も好きになってくれるかな〜と思い読んでみると、気に入って何度も読んでとせがまれます。

それにしても、バーバパパって土の中から生まれていたんですね。忘れていました。
(ルルルの母さんさん 40代・ママ 男の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おばけのバーバパパ
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら