新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
まーくんとくま

まーくんとくま

作・絵: ジェズ・オールバラ
訳: 野口絵美
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784198619268

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大切なくまのぬいぐるみをなくしてしまったまーくん。一人で暗い森に探しに行くと、巨大なくまのぬいぐるみが落ちていて…? 『ぎゅっ』で大人気の著者による初期の代表作。イギリスではアニメーション映画にもなりました。ページをめくる面白さが存分に味わえ、読み聞かせに最適!

ベストレビュー

くまちゃんを愛する気持ちはみんないっしょ

 大きなくまと小さなまーくん。二人は知らない者どうしですが、共に森の中で自分の大切なくまのぬいぐるみ(くまちゃん)を無くしてしまいました。森に探しに戻った二人はそこで遭遇することになります……。
 とにかくかわいいお話です。息子が小さかった頃、彼のバイブルだったと言っても過言ではないほど常に読んでいた絵本で、思い出の一冊です。ついに日本語版が出たことを知り、さっそく注文。タイトル「まーくん」と「くま」のもじりにまず感動しました!(英語のタイトルは”Where’s My Teddy?”。主人公のまーくんはエディ、彼のテディベアの名前がフレディで、小さな子どもの本には欠かせない「韻とユーモア」がたっぷりの作品なのです。)森の中で二人が遭遇するときのスリル感、くまちゃんと持ち主のサイズの違い、主人公の性格などなど、どれを取っても本当に愉快です。ただ、話者が誰なのかはっきりさせないと流れが理解できず混乱してしまうかもしれないので、まーくんとくまの話し方を声質を変えるなどなどして工夫すると、ユーモアの焦点がはっきりします。英語で楽しみ過ぎたのが原因なのか……、森の中での手に汗握る緊張感は原書の方が味わえるかなあ……。でも、お話の設定アイデアは最高にかわいいです。作者のセンスがキラリ。このシリーズはあと2冊出ていますが、この作品が断然光っています。
(ムースさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

まーくんとくま

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら