十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
カレンちゃんとまいごのこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カレンちゃんとまいごのこねこ

  • 絵本
作: キャロル・ウィン ピーター・セイモア
訳: でんでんむし
出版社: 大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「カレンちゃんとまいごのこねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ここは、広い農場です。カレンちゃんが散歩をしていると、迷子の子ねこにあいました。 本のうしろから指を入れて、子ねこの家を探しましよう。

ベストレビュー

探しています

1983年発行の大日本絵画のしかけ絵本です。私が幼いころ大好きだった絵本です。カレンちゃんという女の子が迷子になった子猫と一緒におかあさんを探してあげます。絵本のまんなかのほうに、女の子にだっこされた形で子猫が指人形になっていて(説明が下手ですみません・・・)、「おかあさんはこのひと?」と尋ね、「いやいや、ちがう」など、子猫の動きを指人形で自分で表せるとてもかわいいものでした。母がおもしろおかしく、指人形の子猫のアクションをしてくれて、一番のお気に入りとなり、いつも読んでとねだっていたのを憶えています。私的な事ですが、父の仕事柄転勤が多く、その絵本もいつの間にか手元からなくなっていました。今、子供を産んでから、ふとこの本の事を思い出し、もう一度手にしたいと思いましたが、どの書店、オンライン書店にも在庫はなく、大日本絵画社にも問い合わせをしましたが、絶版ではないがしかけ絵本は再版が難しいとの事でした。いつかまたこの絵本に会いたいです。感想なども載っていないようでしたが、どなたかこの絵本の事を知っている方はおられないでしょうか?とてもほのぼのとした絵本で、ぜひ読んで頂きたい思い出の一冊です。
(あらあらさん 20代・ママ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピーター・セイモアさんのその他の作品

お行儀の悪い世紀末 アダルト・ポップ−アップ / こんちゅう

でんでんむしさんのその他の作品

あかい ちび ひこうき / おばけやしき / あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ / みどりのちびけんいんしゃ / ぎんいろの でかでか うちゅうせん / すやすや! みーんな ねてるよ



まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

カレンちゃんとまいごのこねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット