もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
わたしのまっかなバスケット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのまっかなバスケット

作・絵: 川端誠
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしのまっかなバスケット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ねえ、きいて、きょうのピクニックのおはなし。まっかなバスケットをもって、ひとりでだいすきなおかのうえまでいったよ。ねえ、きいてきいて、きょうのわたしのおはなし。

ベストレビュー

主役が登場しない?!

上越市出身(我が家も合併して、村民から市民になりました。)ということもあって、こちらではかなり有名な作者です。(「じゅげむ」などの落語絵本で全国的に有名になりましたよね?!)
だから、図書館でよく目にするこの絵本も、てっきり載ってると思ったのですが、なくて意外でした。

わたしがひとりで、まっかなバスケット(おかあさんの作ってくれたお弁当が入ってる)を持って、ピクニックへ出かけ、帰ってきて眠るまでの1日を、1人称でつづった絵本です。
とても変わってるのは、主役の私がどのページにも登場しないことです。長女はちょっと腑に落ちない顔をしていましたが、「きっとわたしはK(長女の名前)なんだよ。」と言ったら、納得したようでした。

絵の手法も変わっていて、たぶん紙粘土か何かの貼り絵だと思います。
ラストのわたしの夢の中のシーンが、とてもきれいで楽しいです♪原画で見てみたいなあ。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

わたしのまっかなバスケット

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット