くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
オットー 戦火をくぐったテディベア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オットー 戦火をくぐったテディベア

  • 絵本
作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 鏡哲生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784566008007

この作品のDVDも販売中です。>>>

みどころ

 「すてきなさんにんぐみ」でおなじみ、トミー・ウンゲラーと言えばお洒落で洗練された絵とスパイスの効いたユーモアのお話のイメージ。
でもこの「オットー」はちょっと様子が違う様です。表紙のクマもかなり薄汚れています。どうやらウンゲラーの半生を基に創った自伝的絵本らしい。
 オットーはドイツの工場でつくられたほんもののテディベア。デビッドという男の子の誕生日のプレゼントとして贈られます。そして近所に住む親友のオスカー。この3人のたどる運命をオットーの目を通して語られます。
 3人が仲良く遊び幸せな日々を送っていたある日、デビットが「ユダヤ人」ということで家族と強制収容所に連れていかれてしまいます。オットーを頼まれたオスカー。残された2人もまた空襲に遭い、離ればなれになってしまいます。オットーは戦火に巻き込まれながら色々な人の手に渡ります。そして数十年経ち、すっかり古くなったオットーがアンティークショップに売られ、ウインドーに飾られていると・・・。最後にうれしい奇跡が起こります。
 戦争がこどもたちの平穏な日々をいかに振り回してきたかが伝わってきます。そしてオットーを手にする色々な立場の人の様子も見えてきます。それでいてストーリーとしても感動を呼びます。ウンゲラーが語らなくては、と思ったのも納得。読まなくてはいけない話というのはあると思います。
 それにしてもヨーロッパの人達のテディベアに対する敬意の高さに感心してしまいます。色々な思い入れがあるのですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

オットー 戦火をくぐったテディベア

出版社からの紹介

ぼくはオットー。ドイツで作られた、ほんもののテディベア。なかよしの少年デビッドとオスカーと三人で、楽しい日々をすごしていた。ある日、ユダヤ人だったデビッドは、両親と強制収容所に送られてしまう。そして数十年後…。この本は、ぼくたち三人の物語を伝える、ぼくの自伝です。

ベストレビュー

戦争の話ですが、重くなり過ぎずに読めます

 テディベアーのオットーはデビットの誕生日のプレゼント。友達のオスカーといつも三人で仲良く遊んでいました。その時に付いた紫のシミが今もオットーの顔に残っています。オットーがぬいぐるみであることを忘れそうになる絵です。
 でも幸せなときは続かず、ユダヤ人のデビットは家族とともに強制収容所に。オスカーとオットーもそれぞれ戦火に巻き込まれていきます。オットーの胸の傷は銃弾の痕です。そしてそれぞれ戦火をくぐり、生き残り、奇跡が起こるのです。
 オットーがこの話を残すためにタイプライターを打っている姿が生き生きしていて大好きです。
 4年生の教科書で紹介されているようですが、オットーの視点で描かれているので読みやすいですね。
 
(耳をすませばネコの寝息さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トミー・ウンゲラーさんのその他の作品

どこへいったの?ぼくのくつ / どこにいるの?かたつむり / アデレード そらとぶカンガルーのおはなし  / あおいくも / Moon Man (月おとこ 洋書版) / The Three Robbers (すてきな三にんぐみ 洋書版)

鏡哲生さんのその他の作品

危機のドラゴン / 孤島のドラゴン



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

オットー 戦火をくぐったテディベア

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット