新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
となりのイカン

となりのイカン

  • 絵本
作: 中山 千夏
絵: 長谷川 義史
出版社: 自由国民社

税込価格: ¥1,650

「となりのイカン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784426875039

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「おいおい けんかは イカン アカン マイネ/なかよくしなくちゃ イカン アカン マイネ/かっても まけても イカン アカン マイネ」。
……本書は「津軽弁の《マイネ》が、仲直り、ひいては世界平和の合言葉になっている絵本」であり「青少年の心身の発達に役立つものとして特に有益であると認められる」として、青森県青少年健全育成条例に基づく推奨書籍となりました。

ベストレビュー

中山ワールドと長谷川ワールドの合体。

個人的に、中山千夏さんって、とっても好きです。多才な人なんですよ。作家であり、俳優であり、参議院委員だったこともあるんです。
今回の絵本、イラストは長谷川義史さんなんですが、彼の描いた主人公のイカンが、なんとなく昔、中山さんが出演していた「じゃりん子チエ」を彷彿させるんで、私にとっては二度も三度も楽しい作品でした。

イカンっていうネーミングがまたよかったです。
お父さんに「あれしちゃいかん」「これしちゃいかん」って、いわれて家出して旅に出るイカンだけど、かぶっている帽子がなんだかアンデス山脈に合いそうな(インカ帝国でかぶっていそうな)帽子で、ここでも、言葉を掛けているのかなとか思ったり…。
一緒に旅をする友達の名前が、やっぱりお母さんに「ああしたらあかん、こうしたらあかん」って、叱られて家を飛び出してきた『アカン』と、二人の友人の『マイネ』なの。
もう、駄洒落出まくりって、感じですよね。
そんなハチャメチャな出だしのわりに、内容は意外と濃くって、いろいろな国に旅をして、いろんな国の友達が出来て、「けんかはよくないね」
「仲良くしなくちゃね」
って、友達みんなで歌うラストが印象的でした。
中山ワールドと、長谷川ワールドが見事に合体した絵本だったと思います!!

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
858円
748円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
660円
418円
4,730円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

となりのイカン

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら