ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
ふゆの日のコンサート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆの日のコンサート

作・絵: たかお ゆうこ
出版社: 架空社

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふゆの日のコンサート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

音楽の魔法

 すてきな絵本に出会いました。娘が学校からいただいてきた絵本で、タイトルは『A Winter Concert』。(本読みの宿題で区切りごとにごほうびの絵本がもらえるのです。今回、娘はこの絵本を選んできました。)
 ねずみの女の子が冬のある日、ピアノコンサートに出かけます。作品は、コンサートでの彼女の感動ぶりを、白を背景にした虹色のドット・アートで表現しています。すてき! こういう心の高まりを魔法のような色彩で表す作品、大好きです。冬だからこそ、生きる色合いですね。娘は「どうして、きらきらがいっぱい出てくるの?」と不思議がっていましたが、それはまだ音楽のすばらしさを体感していない証拠。(いつか、コンサートにつれていってあげなくてはと思いました。)
 最初は、米国人作家の作品かと思いました。芸術至上主義のこの国で、音楽や美術をテーマにこういう心の情景を描く絵本はとても人気があるからです。しかし、作家は日本人。ジャケットカバーには、この作品は日本での出版が先とありました。検索してみると、他にはハムスターの絵本を描いている人気作家さんなのですね。でも、わたしはこの作風が一番好きです。米国でアートを勉強されたそうですが、その影響が色濃く出ている作品だと思いました。形はシンプルですが、思いがう〜んと詰まっているのがよくわかります。日本語版も、もちろん欲しい!ですね。音楽好きな方へのプレゼントにぴったりです。
(ムースさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子5歳)

出版社おすすめ


たかお ゆうこさんのその他の作品

ふわふわちゃん おでかけこんにちは / おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし / プリンちゃんとブラウニーとうさん / ねばらねばなっとう / プリンちゃんとモンブランばあば / さんびきのこねずみとガラスのほし



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

ふゆの日のコンサート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット