話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きょうはいきたくない!

きょうはいきたくない!

作: クリスチャン・ランブラン
絵: レジ・ファレール シャルロット・ルドレール
訳: 石津 ちひろ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,155

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784893092519

ベストレビュー

お父さんが書いた子育て絵本です。

「はじめての社会生活Book」子育てアドバイスつき。と、表紙にあるように、この絵本は子供たちの絵本ではなく、子供を持つ親たちに向けて作られた絵本です。
しかも、当サイト絵本ナビの『パパs絵本プロジェクト』の様に、幼稚園の保父さんである3人の子供のパパが描いた絵本です。
私もパートとはいえ、仕事を持っているので、この絵本に出てくる主人公の女の子のように、まだ幼稚園児の下の子が、「ママといたいから、幼稚園へ行きたくない」とか、言ってくると、正直、へこんでしまうことがあります。
でも、この絵本を読むと、こういうことは特別なことではないんだ。まずは子供の話をゆっくり聞いたあげればいいんだと(こういう子供を持っているのは一人じゃないんだって)、指針が出来て安心できました。
日本では親向けの子育て絵本は少ないと思うけれど、子供が読んでも十分面白いと思うし、なかなかよかったです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリスチャン・ランブランさんのその他の作品

きたないことば

石津 ちひろさんのその他の作品

すやすや おやすみ / なぞなぞのたび / こねこの きょうだい かぞえうた / おやつ / おふろ / おやすみ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > きょうはいきたくない!

『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

きょうはいきたくない!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット