クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
長崎むかし 河童河助物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

長崎むかし 河童河助物語

作: 伊藤富夫
絵: 太田 大八
出版社: 小学館スクウェア

本体価格: ¥1,905 +税

「長崎むかし 河童河助物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ハートにくるお話です。

なんと!作者の伊藤さんは歯科医師さんです。
昔、泳げないのに負けず嫌いで、友達たちと池で遊んでいて、溺れそうになった時があったそうです。泥に足を取られて溺れかけたその時、泳げないはずの自分が突然7メートル近くも泳ぎきって、岸に上がれたのは、河童のおかげだ!と、思ったそうです。(その池は、河童が住んでいると噂されていたんですって)
近年、河童を扱ったテレビ番組を見て、あまりに河童を悪者扱いしていたので、この物語を書くにあたったとか…。

住んでいた川の洪水で、両親と離ればなれになってしまった河童の子を助けたのは、子供のいなかった夫婦で、その河童の子に河助と名付けて、大切に育ててくれます。
だんだん大きくなり、河助は自分が河童であることを意識して、河童の村へ一度は戻っていきますが、それからしばらくして、河助を助けた夫婦の家には、毎回土用の丑の日に、ウナギや魚などがたくさん届けられるようになりました。
それを届けていたのはもちろん河助です。
それから200年という時が経ち、物語はいよいよラストに向かいます。
このラストがすごく泣けるんです。河童と人間の厚い友情(人情)が、心と心の結びつきが、何とも言えず感動なんです。
少し長いお話ですが、とてもハートにくる作品です。荒んだ事件が多い現代、たくさんの人に読んでほしい作品です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

長崎むかし 河童河助物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット